デザインの違い

結婚指輪はシンプルなものを選ぶ人が多いです。そのためどれも似たようなもので同じなのではと思うでしょう。しかし多少のデザインの違いで価格帯も異なります。一番わかりやすいのが女性の装飾品です。メレダイヤの数や誕生石などが埋め込まれたデザインは何も装飾がないものに比べると数万円単位で高くなることが多いです。男性は指が太く、デザインも太めのものを選ぶことが多いため、本来は男性の方が高くなります。それに対して女性は指のサイズも小さく、すっきりとして細めのデザインを好む人が多いです。地金の量が少ない分、男性よりも安くなるはずですがデザインを変える人や装飾品を足すことで費用が男性とおなじぐらいかかってしまいます。

そのためデザインが凝ったものや使用しているものによって価格も変動してくることを考慮して選ぶようにしましょう。なかにはエタニティ―やハーフエタニティ―のように同じ大きさのダイヤを敷き詰めたデザインは、結婚指輪の中でも平均価格を大きく上回るデザインになっています。結婚指輪としてではなく装飾品としての価値もあり、プライベートで上品さを出したい人や華やかさがほしい人には一番適した結婚指輪でほかの指輪とも重ね付けがしやすいです。