高くなる理由

結婚の平均価格は男女ともに10万円台となっています。二人で20万から25万円以内で用意する人が多いです。なかには思ったよりも結婚指輪が高くなった、平均よりも高いのはなぜと感じる人もいます。そこで結婚指輪が高くなる理由をいくつか紹介します。

まず結婚指輪をオーダーした場合です。一生身につけるものだからこそ、世界に一つしかないものにしたいとオリジナルのものを作成すると、平均よりも倍以上かかることがあります。デザインに合わせて鋳型を一から作る必要があり、さらにデザイナーに依頼した場合はデザイン料を支払う必要があります。既製品に比べると作成までの工程や打ち合わせなども多いため、費用はどうしても高くなります。その分出来上がりの満足度は一番といってもいいでしょう。

そのほかに高くなる理由としては、女性の結婚指輪に装飾品が多い場合です。メレダイヤや誕生石などが使用されている場合、数によっては数万円ほど高くなります。また地金の種類も大きく左右します。プラチナ、金、ホワイトゴールドの順で費用が異なります。プラチナは強度も強く、価値も一番高いです。日本人が結婚指輪の地金として一番好んで選んでいます。また指輪のデザインによって太くなればなるほど地金を多く必要とするため価格が高くなります。これらの理由から結婚指輪の費用の違いが生まれます。