高くなる理由

結婚の平均価格は男女ともに10万円台となっています。二人で20万から25万円以内で用意する人が多いです。なかには思ったよりも結婚指輪が高くなった、平均よりも高いのはなぜと感じる人もいます。そこで結婚指輪が高くなる理由をいくつか紹介します。

まず結婚指輪をオーダーした場合です。一生身につけるものだからこそ、世界に一つしかないものにしたいとオリジナルのものを作成すると、平均よりも倍以上かかることがあります。デザインに合わせて鋳型を一から作る必要があり、さらにデザイナーに依頼した場合はデザイン料を支払う必要があります。既製品に比べると作成までの工程や打ち合わせなども多いため、費用はどうしても高くなります。その分出来上がりの満足度は一番といってもいいでしょう。

そのほかに高くなる理由としては、女性の結婚指輪に装飾品が多い場合です。メレダイヤや誕生石などが使用されている場合、数によっては数万円ほど高くなります。また地金の種類も大きく左右します。プラチナ、金、ホワイトゴールドの順で費用が異なります。プラチナは強度も強く、価値も一番高いです。日本人が結婚指輪の地金として一番好んで選んでいます。また指輪のデザインによって太くなればなるほど地金を多く必要とするため価格が高くなります。これらの理由から結婚指輪の費用の違いが生まれます。

地金の違い

結婚指輪選ぶときには、日常生活で身につけることを想定して購入しましょう。普通のジュエリーは、デザイン性など優先して購入することがほとんどでしょう。その反対に結婚指輪は結婚生活で邪魔にならないものや自然と身につけやすいものを選ばなければいけません。

百貨店の各ブランドのジュエリーショップでは、結婚指輪をほかの指輪とは別にブライダルジュエリーのカテゴリーを作って販売しています。いくつかの商品を見比べていると同じ色目のように見えても価格が大きく異なる場合があります。それは地金の違いです。同じシルバーの色目に見えてもホワイトゴールドとプラチナとでは価格が大きく異なります。
プラチナは白金ともいわれ、もともと銀色になっています。ホワイトゴールドは金に銀やパラジウムなどを混ぜて加工をして作られた銀色です。そのため同じ銀色でも一方は金の価格よりも混合物になるためさらに安くなります。

参考資料 > 地金の素材から結婚指輪を選べるジュエリーショップ「ガラ おかちまち」

地金の違いは、強度と質の違いを生み出します。プラチナのほうが強度は高く、費用も高くなります。ホワイトゴールド場合は加工を施してある分、変色や強度が弱い可能性もあります。そのほかにもゴールドが好きな人もいます。プラチナに比べると費用も安く購入しやすいですが、好みがはっきり分かれます。色目と強度そして予算などを考えたうえで結婚指輪を選びましょう。

デザインの違い

結婚指輪はシンプルなものを選ぶ人が多いです。そのためどれも似たようなもので同じなのではと思うでしょう。しかし多少のデザインの違いで価格帯も異なります。一番わかりやすいのが女性の装飾品です。メレダイヤの数や誕生石などが埋め込まれたデザインは何も装飾がないものに比べると数万円単位で高くなることが多いです。男性は指が太く、デザインも太めのものを選ぶことが多いため、本来は男性の方が高くなります。それに対して女性は指のサイズも小さく、すっきりとして細めのデザインを好む人が多いです。地金の量が少ない分、男性よりも安くなるはずですがデザインを変える人や装飾品を足すことで費用が男性とおなじぐらいかかってしまいます。

そのためデザインが凝ったものや使用しているものによって価格も変動してくることを考慮して選ぶようにしましょう。なかにはエタニティ―やハーフエタニティ―のように同じ大きさのダイヤを敷き詰めたデザインは、結婚指輪の中でも平均価格を大きく上回るデザインになっています。結婚指輪としてではなく装飾品としての価値もあり、プライベートで上品さを出したい人や華やかさがほしい人には一番適した結婚指輪でほかの指輪とも重ね付けがしやすいです。

結婚指輪の平均価格

結婚指輪は一生身につけるものになります。どのような基準で選んだらいいのかわからないという人も多いでしょう。男性でも女性でもあまりアクセサリーを身につけることがない人は、デザインで選んでしまうことが多いです。地金やサイズ直し、実用性などを考えて選ばなければいけません。一般的なジュエリーはTPOに合わせて、その時に合ったものを選ぶようにしています。それに対して結婚指輪はどんな時でも身につけているものだからこそ、選ぶときには注意が必要です。

高ければいい、安ければいいという言うものではなく、その人の生活習慣や職業などによっても選ぶものが異なります。一生身につけるものだからこそそういった配慮も大事です。そして結婚指輪としてふさわしいものをしっかり選ぶようにしましょう。そこで気になるのが、結婚指輪の相場ではないでしょうか。あまりにも安すぎても不安に感じる人もいれば、こんなに高いものをみんな選んでいるのだろうかを気にしてしまう人もいます。結婚指輪として多くの人がえらんでいるのはどのぐらいの価格なのでしょうか。

結婚指輪の平均価格は男女ともに10万円台が多いです。女性の方が小さなダイヤなどの装飾を加えることが多いため比較的に高くなりやすいです。また太めのデザインにすると地金を多く使用するため高くなりやすいです。ただし有名ブランドの場合は、平均価格が高くなり、それぞれ20万円前後が平均価格になっています。これらを参考にして二人ならではの結婚指輪を選びましょう。